中田粥 1980年、東京で生まれる。サーキットベンディングをピアノの内部奏法の延長上にあるものと捉え直し、シンセサイザーやリズムマシンなど電子楽器数台分の剥き出しにされた回路基板をリアルタイムに短絡させる方法で音を作り出す。またそれらの回路基板を積み上げ、意図的により偶発的な短絡状態を作り出し音の予測と操作のできない 2013年、東京の実験音楽シーンで活動。 2016年、拠点を大阪に移動。現在、アートスペースFIGYAの運営に携わる。